段延迸老師 in大阪 基本刀編

  • 2016.03.22 Tuesday
  • 15:39
今回の来日でご鞭撻いただいた練功基本刀套路、
やってみて気づいた一つには、太極拳との違い身体の中心軸と角度。



太極拳の立身中正では頭部の百会からケツの穴(あ~言っちまった!)までの中心軸を意識し
上半身の脱力をもって動作する、を基本とするが、
少林拳や長拳などスピード動作の中においてはケツの穴(あ~また言っちまった!)を通り越して
かかとまでのナナメ中心軸の意識が必要。

あと、同じやなぁ~と思ったのは重心移動の明確性。



右足! 左足! にしっかり重心を乗せて一つ一つの動作を完結させる事、
すばやくっ!
コレがちゃあんと出来てると、かっちょよい!
普段の練功にリズミカルなステップ練習と体幹トレーニングを強化しよう!



ふっふっ......

スポンサーサイト

  • 2018.06.02 Saturday
  • 15:39
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM